部門概要

2013年度(第91期)各委員会からの報告:総務委員会

●委員構成

委員長
渡部 正夫(北海道大学)
幹事
深谷 征史(株式会社日立製作所)
委員
講演会WG・部門講演会:森 英男(九州大学) 講演会WG・年次大会:柳瀬 眞一郎(岡山大学) 広報委員会・流れの夢コンテスト:半田 太郎(九州大学) 講習会WG・主査:小尾 晋之介(慶應義塾大学) 学術表彰WG・主査:長谷川 豊(名古屋工業大学)

●今期活動予定の件(提出締切 2013628日)

  • 学会財政状況は赤字であり,財産の切り崩しによる運営が続いている.学会財政難の一番大きな問題は,会員数が減少していること.各部門での節約要請があった.
  • 財務理事会からの依頼事項で,部門の予算削減策等を作成した.

●代表会員推薦の件(提出締切2013823日)

学会4名と産業界4名の合計8名を推薦した。

●部門賞・部門一般表彰式の件

2013年11月9日、第91期流体工学部門講演会会期中に開催した。懇親会とは別の会場で開催し好評であった。

●関東支部地区代議員推薦の件(提出締切2013823日)

今年度任期終了の方5名について新たに選考し,合計13名を推薦した.

●第92期予算編成について(提出締切20131120日)

第90期に部門特定事業資金への組み入れについて検討され、広報委員会予算については、「部門特定事業資金」に繰り入れるのではなく,「部門繰越金」に内訳を設けることで,部門内で管理することが承認されたため,第91期においてこの事が実施された予算編成が承認された。その他の事項は基本的に例年並みであるが,第91期に検討された,旅費の金額が新たに予算に組み込まれている.

2013年度部門活動実績報告書(提出締切2014331日)

各委員会・WGにご協力いただき、総務委員会で取り纏めて作成した。

●委員への旅費の支給について

年額200,000円程度を限度として支出可能である事、遠方からの参加者に限り支出を検討することが確認された。

●研究会・分科会について

活動報告書を第6回委員長・幹事会拡大合同運営委員会に提出いただいた。

以下の分科会・研究会の設立があった。
「P-SCD382 せん断流の多様な機能の探究と先端科学技術への応用に関する研究分科会」(主査:福西 祐(東北大学))
「A-TS 05-24 プラズマアクチュエータ研究会」
(主査:瀬川武彦(産業技術総合研究所))

更新日:2014.3.19