イベントカレンダー

Home > イベントカレンダー > No.05-51講習会 マイクロ混相流の新展開−分子マニピュレーションからマイクロバブルまで−

No.05-51講習会 マイクロ混相流の新展開−分子マニピュレーションからマイクロバブルまで−

(流体工学部門企画)

日 時
2005年 7月28日(木)・29日(金) 2日間 10:00〜17:15

会 場
日本機械学会会議室(東京都新宿区信濃町35番地、信濃町煉瓦館5階)
電話(03)5360-3506
(中央・総武線 信濃町駅下車 徒歩1分)      
詳細は http://www.jsme.or.jp/gakkai.htm をご参照下さい。

趣旨
近年のバイオ・ナノテクノロジー分野の急速な発展により,流体中に存在する微細な気泡・液滴・粒子などの分散相の挙動を調べるマイクロ混相流の分野の知見がますます重要なものとなっている.本講習会では,これらの背景を踏まえて,マイクロスケールの分散混相流に対して,マイクロ分散相の基礎物理を重視した解説を行い,それらの知識を利用できる新たな研究領域や種々の応用技術について紹介する.

キーワード
分散混相流,マイクロバブル,マイクロドロップ,生体高分子,DNA,分子モーター,タンパク質,血管造影剤,水処理,医療応用,μ-TAS

題目・講師

●7月28日(木) ( 10:00〜17:15 )●
10:00〜12:00  「マイクロ分散相の流体力学」 高木周(東京大学)
13:00〜15:00  「分散混相流の直接数値シミュレーション」 梶島岳夫(大阪大学)
15:15〜17:15  「分子モーターの基礎とナノアクチュエータとしての応用」 上田太郎(産総研)

●7月29日(金) ( 10:00〜17:15 )●
10:00〜12:00  「マイクロ流体デバイスを用いた特定タンパク質連続抽出分離法」 
          佐藤洋平(慶應義塾大学)
13:00〜15:00  「マイクロバブルの詳細解析とその利用」 竹村文男(産総研)
15:15〜17:15  「表面電界効果を用いたバイオマニピュレーション」 鷲津正夫(東京大学)

定 員
50名程度,申込み先着順により定員になり次第締め切ります

聴講料
会員20,000円,会員外30,000円,学生員10,000円,一般学生15,000円
いずれも教材1冊分の代金を含みます.開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.10日前までにご入金ができない場合は,当日会場にてお支払い下さい。(申込書にその旨ご記入願います)以降は定員に余裕がある場合当日受付をいたします.
なお聴講券発行後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.

教 材
教材のみ希望の場合は,一冊につき,会員3,000円,会員外5,000円にて頒布いたしますので開催前までに代金を添えてお申し込み下さい.    
(教材は講習会終了後には販売いたしません)

申込方法
申込者1名につき,行事申込書(http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htm)に必要事項を記入しお申し込みいただくか,Web(http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm)からお申し込み下さい.(担当職員 熊谷理香)
TEL: 03-5360-3506
FAX: 03-5360-3509
E-mail: kumagai@jsme.or.jp

更新日:2005.7.19