イベントカレンダー

Home > イベントカレンダー > No.07-91講習会 非定常流れの測定および数値解析の現状

No.07-91講習会 非定常流れの測定および数値解析の現状

(流体工学部門企画)

開催日
2007年11月1日(木),2日(金)

会 場
日本機械学会 会議室
〔東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階/電話(03)5360-3500
/JR総武線「信濃町」駅徒歩1分〕
会場までのアクセスは http://www.jsme.or.jp/gakka5.htm をご参照下さい.

 
  各種輸送機械やその原動機などの流体関連機械の開発の現状においては,定常データによる流体力学的性能の向上は限界に近づいてきており,更なる性能の向上を求めて非定常データを設計へ反映させる試みがなされつつある.本講習会では流体関連機械の研究分野で著名な講師の方々により,非定常流れの測定および数値解析に関する最新の研究および設計への応用事例などを紹介する.併せて非定常流れの測定機器および汎用CFDソフトの紹介を行う.

題目・講師

11月1日(木)

9.30〜11.00 講義
「非定常流の測定法および非定常データの処理法」
   飯田明由 氏(工学院大学)
(内容)流れ場の性質,特に乱流の性質を調べるには流れ場の非定常計測が必要となる.本講習では,熱線流速計,静圧変動プローブの原理と計測時における注意点について説明する.また,最新のダイナミックPIVを用いた流れ場の非定常計測,感圧塗料を用いた圧力計測についても解説する.
11.10〜12.15 展示機器に関するプレゼンテーション
「非定常圧計測システム」
    福井和平 氏(三協インタナショナル(株))
「汎用熱流体解析プログラムSTAR-CD/STAR-CCM+による非定常計算の紹介」
   島田正仁 氏((株)シーディー・アダプコ・ジャパン)
12.15〜13.50 昼休み,展示機器のデモンストレーション
(展示内容)
「Kulite圧力センサ(非定常圧計測用小型圧力センサ)
Datatelテレメータ(タービン、ターボ機械など回転体計測装置)」
   三協インタナショナル(株)
「STAR-CD,STAR-CCM+」
   (株)シーディー・アダプコ・ジャパン
「FINE/Turbo」
    (株)ヴァイナス
「PIVシステムおよびレーザー・イメージング計測統合ソフトウェア Koncerto」  西華産業(株)
13.50〜15.20 講義
「自動車関連の非定常乱流解析の現状」
   稲垣昌英 氏((株)豊田中央研究所)
(内容)自動車空力解析や空力騒音解析,あるいはエンジン筒内解析における非定常CFD解析の有効性について,Large Eddy Simulationや音波(弱い圧縮性)を考慮した計算を中心に,基本問題と実問題への適用事例をまじえて紹介する.
15.30〜17.00 講義
「圧力測定による自動車車体周りの流れの研究」
   高木通俊 氏(東海大学)
(内容)風洞実験では抗力・揚力などの空力六分力の測定が主な項目であるが,圧力測定もしばしば実施される.本講では,古典的な圧力タップによる非定常圧力測定について,配管系における信号伝達特性の補正の理論や実際を説明する.

11月2日(金)

9.30〜11.00 講義
「実験・CFD融合によるターボ機械内の流れの非定常性解明
(特に空力性能向上の可能性について)」
   船崎健一 氏(岩手大学)
(内容)ターボ機械内の流れが複雑な非定常性を有していることはよく知られているが,それが空力性能に対してどのようにまたどの程度まで影響を与えているかについての理解は十分ではない.定常流を仮定した空力設計での限界が認識されつつある状況で,その壁を打ち破るために非定常計測及びCFD解析による多くの試みが国内外で行われている.今回の講習では,その試みの紹介を通じどのようなことがわかってきているかを解説し,また,空力性能向上の可能性について議論する.
11.10〜12.15 展示機器に関するプレゼンテーション
「PIVシステムの紹介,PIVによる非定常流れの計測」
   安木政史氏 西華産業(株)
「ターボ機械CFD設計性能評価におけるNon Linear Harmonic法を用いた非定常解析」
   澤 芳幸 氏((株)ヴァイナス)
12.15〜13.50 昼休み,展示機器のデモンストレーション(展示内容は1日目と同じ)
13.50〜15.20 講義
「ターボ機械内における非定常流動現象の数値解析の現状」
   古川雅人 氏(九州大学)
(内容)ターボ機械の重要な構成要素である動翼列について,その失速点近傍における非定常渦流れ現象(翼端漏れ渦の崩壊,旋回失速の初生など)が現状のCFD技術でどこまで予測可能であるかを,非定常計測結果をまじえて解説する.
15.30〜17.00 講義
「航空エンジンの非定常解析による性能向上」
   土屋直木 氏((株)IHI)
(内容) 非定常解析の航空エンジン内部流れ分析・性能向上への応用例を解説する.多段圧縮機の非定常性能および翼振動の予測,タービンの翼列干渉ロスの分析,ファン騒音予測,ファンフラッタ予測などの事例を紹介する.

定 員
40名程度,申込み先着順により定員になり次第締め切ります.

聴講料
会員20,000円,会員外30,000円,学生員10,000円,一般学生15,000円
いずれも教材1冊分の代金を含みます.開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕がある場合当日受付をいたします.なおご入金後は取消しのお申し出がありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.

教 材
教材のみ希望の場合は,一冊につき,会員4,000円,会員外5,000円にて頒布致します.
(教材は終了後には販売しません)

申込方法
申込者1名につき,行事申込書(http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htm)に必要事項を記入しお申し込みいただくか,
Web(http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm)からお申し込み下さい.

〔担当職員 熊谷理香〕

更新日:2007.9.11