イベントカレンダー

Home > イベントカレンダー > No.12-30講習会 自然現象の流れ:風・粒子拡散・海流

No.12-30講習会 自然現象の流れ:風・粒子拡散・海流

【企 画】
流体工学部門

【開催日】
2012年4月24日(火)

【会 場】
日本機械学会会議室
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館5階/電話(03)5360-3505
JR総武線「信濃町」駅徒歩1分
会場地図:http://www.jsme.or.jp/gakka5.htm

【趣 旨】
風や波は身近に存在する自然現象といえる流れであるが,その規模が大きくなると災害に発展する.風は夏場に涼を求めれば重宝するが,冬場の外では体温を奪う元凶である.風によって運ばれる花粉は植物の繁殖法であるが,現代の人間には花粉症に悩まされる.火山噴火により舞い上がった灰は,その拡散により空港閉鎖等交通機関に重大な影響を及ぼすこともあり得る.海流は海中生物にとっては不可欠なものであり,魚の回遊に大きな影響を与えているが,漁業者にはその様相で漁の可否が決まる.台風や津波というエネルギー規模になれば,災害を引き起こす.本講習会は,我々の生活に身近にあり,時には相反する性質として受け止められる自然現象の流れの中で風と海流を取り上げ,その本質を知ることが目的である.

【プログラム】

9:30〜10:20 トピックス
山形俊男(東京大学 教授)
10:30〜11:50 気象,気候変動,気候変化予測について
高橋桂子(独立行政法人海洋研究開発機構 地球シミュレータセンター/アプリケーションラボ)
13:00〜14:20 粒子拡散
竹村俊彦(九州大学 准教授)
14:30〜15:50 海流の運動
早稲田卓爾(東京大学 准教授)
16:00〜17:00 ベンダーによるショートプレゼンテーション
当日展示会に出展するベンダー数社
17:45〜19:30 懇親会(予定.懇親会費は別.詳細は講習会申込者に別途連絡)

【定 員】
60名程度.申込み先着順により定員になり次第締め切ります.

【聴講料】
会員20,000円,会員外30,000円,学生員/大学院生の会員* 5,000円,一般学生7,000円
いずれも教材1冊分の代金を含みます.開催日の10日前までに聴講料が着金するようにお申し込み下さい.以降は定員に余裕がある場合当日受付をいたします〔*本講習会では大学院生の会員は,学生員の聴講料で参加できます〕.なお,ご入金後は取り消しのお申し込みがありましても聴講料は返金できませんのでご注意願います.

【教 材】
教材のみ希望の場合は,Web (http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm) からお申し込み下さい.
1冊につき,会員3,000円,会員外4,000円にて頒布いたします.(教材は終了後には販売しません.)

【申込方法】
申込者1名につき, 行事申込書 (http://www.jsme.or.jp/gyosan0.htm) に必要事項を記入の上,お申し込み頂くか, Web (http://www.jsme.or.jp/kousyu2.htm) からお申し込み下さい.
〔担当職員 滝本 真也〕

更新日:2012.2.16