活動内容

Home > 活動内容 > 楽しい流れの実験教室 > 簡単な強制渦の作り方

簡単な強制渦の作り方

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • ペットボトルのキャップに切り込みを入れておき、輪ゴム(糸でもよい)を通します。
    切込みを入れるのは、小型ののこぎりなどで大人が行ってください。カッターナイフなどでは危険です。切り込みを入れる代わりに糸をペットボトルにくくりつけてもかまいません。)
  • 水を入れて輪ゴムをねじってから手を離すと、ペットボトルが回転を始めます。
  • 回転が安定すると、水面は回転放物面(真横から見ると放物線の形)になります。このときの流れが「強制渦」になります。周速(回転する速さ)は回転中心からの半径に比例し、外側ほど周速は大きくなります。固体が回転運動するときと同じ回転のしかたです。

【キーワード】 渦、強制渦
【関連項目】 自由渦と強制渦
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P52−59.
更新日:2011.8.1