ニューズレター

流れ 2004年8月号 目次

― 特集:流体情報と融合研究 ―

  1. 計算と実験を融合した新しい流体解析手法
    早瀬敏幸(東北大学)
  2. 高級言語としてのウズ
    中村育雄(名城大学)
  3. 流体工学と知識工学
    渡辺 崇(名古屋大学)
  4. 可視化技術への期待:ポストをプレに!
    藤代一成(お茶の水女子大学)
  5. フルードインフォマティクスにおけるデータマイニングと知識発見
    白山 晋(東京大学)
  6. 流れの最適化とソフトコンピューティング
    大林 茂(東北大学)
  7. ニューズレター8月号編集後記
    佐藤 岳彦(東北大学),百武 徹(岡山大学),平元 理峰(北海道工業大学)

 

ニューズレター8月号編集後記

 今回の特集は,「流体情報と融合研究」の分野で精力的な研究活動をされている先生方に執筆をお願いいたしました.最近の数値計算による流れの解析や可視化は,その情報量の大容量化やリアリティーの高度化に目を見張るものがあります.これらの大容量の情報をより最適な手法で提供することが,数値計算の進展をさらに加速する重要な鍵を握っていると言っても過言ではありません.また,全てを数値計算で解析するのでは無く,実験で得られる情報と数値計算を融合させることで,実現象のより正確な表現が可能になってきています.本特集号では,この分野の研究の概要や最新の動向を大変分かりやすく紹介していただき,充実した特集になったのではないかと編集者一同感じております.最後に,執筆依頼に当たり,東北大学流体科学研究所の早瀬敏幸教授には執筆者の紹介,テーマの選定等に関して大変有益なご助言をいただきました.このような充実した特集の執筆をしていただきましたこと,早瀬教授ならびに執筆者の方々に深く御礼を申し上げます.

8月号担当
佐藤 岳彦(東北大学)
百武 徹(岡山大学)
平元 理峰(北海道工業大学)

更新日:2004.8.24