ニューズレター

流れ 2005年9月号 目次

― 現場で用いられる流体力学 〜どのように使われているか〜 ―

  1. ものの健全性と流動数値解析
    萩原 剛(東芝 電力・社会システム社)
  2. エアーシャワー装置用フリップフロップノズルに関する研究
    本多 武史,向井 寛(日立製作所)
  3. 大規模シミュレーションによる原子炉熱設計の現状
    高瀬 和之(日本原子力研究所)
  4. Fluid Mechanics in Manufacturing Industry-Development of Scroll Compressor
    アノワル ホセイン(Anwar Hossain)(アネスト岩田株式会社)
  5. 編集後記
    岩本 幸治(愛媛大学),小出 瑞康(新潟産業大学),平元 理峰(北海道工業大学)

 

ニューズレター4月号編集後記

 本号では,「現場で用いられる流体力学 〜どのように使われているか〜」と題して,企業の現場でご活躍されている方々に執筆をお願いいたしました.諸学生へのメッセージのようなものとして,「現場ではどのような流体力学の知識を用いているのか.また,新入社員にはどのような流体力学の知識を持っていてほしいか」を執筆していただきました.諸学生が企業の現場を知る手助けとなれば幸いです.また,学生だけでなく,これから学生を指導される若い教員の方にもご参考になればと願っております. 今回の特集のタイトルは,執筆にあたって捕らえどころの難しい題材であったと思います.執筆者の方々に厚く御礼を申し上げます.最後に,御協力いただいたすべての方々に感謝申し上げます.

4月号担当
岩本 幸治(愛媛大学)
小出 瑞康(新潟産業大学)
平元 理峰(北海道工業大学)

更新日:2005.4.7