ニューズレター

流れ 2008年9月号 目次

― 特別寄稿:「紫綬褒章受章に思う―私の歩んだ流れ研究の道」 ―

南部健一東北大学名誉教授

― 特集テーマ:「高クヌッセン数流れ(希薄気体流れからマイクロ気体流れまで)」 ―

  1. 巻頭言(高クヌッセン数流れとその課題)
    新美智秀(名古屋大学)
  2. 金属表面における気体分子の解離現象の数値解析
    徳増 崇(東北大学)
  3. 希薄気体流れのマルチスケール解析
    松本洋一郎,杵淵郁也(東京大学)
  4. 分子気体力学効果を利用した微小機械の運動
    太田正廣(首都大学東京)
  5. ナノ構造間隔が固液界面熱抵抗に及ぼす影響
    芝原正彦(大阪大学)
  6. ナノスケール流路における流動特性
    井上剛良(東京工業大学)
  7. 高クヌッセン数流れへの実験的アプロ ーチ
    山口浩樹,松田佑,新美智秀(名古屋大学)
  8. ダイヤモンド膜摺動実験における揚力発生機構の分子気体力学的考察
    米村 茂,山口雅志,竹野貴法,三木寛之,高木敏行(東北大学)
  9. 編集後記
    米村 茂(東北大学),瀬田 剛(富山大学)

 

ニューズレター2008年9月号編集後記

 東北大学名誉教授の南部健一先生の「流体工学研究」に関する功績が認められ,本年4月に紫綬褒章が授与されました.南部健一先生は世界で初めて,ボルツマン方程式およびランダウ・フォッカー・プランク方程式の解法を導かれました.その業績は学術的に重要であるだけでなく,宇宙航空や半導体プラズマプロセス,真空機械など,産業界への寄与も非常に大きいものです.9月号では紫綬褒章受章を記念して南部健一先生より特別寄稿の記事を頂きました.また,先生が長年にわたってご研究されてきた希薄気体流の特集「高クヌッセン数流れ(希薄気体流れからマイクロ気体流れまで)」の企画を新美智秀先生(名古屋大学)にお願い致しました.

 南部健一先生の半生を振り返った記事は若手研究者を力強く励ましてくれます.また,特集にも8件もの記事を寄稿して頂き,最新の興味深いトピックスを集めることができました.

 ご多忙中にもかかわらず,特別寄稿および特集テーマについて話題をご提供いただきました執筆者の先生方に厚く御礼申し上げます.

9月号担当
米村 茂(東北大学)
瀬田 剛(富山大学)

更新日:2008.10.9