活動内容

Home > 活動内容 > ニューズレター > 2019年3月号

流れ 2019年3月号 目次

― 特集テーマ:流体工学部門講演会 ―

  1. 巻頭言
    (橋本,松田,朴)
  2. 民間単独での観測ロケット開発と打上げとその後の超小型衛星打上げロケット開発状況
    稲川 貴大(インターステラテクノロジズ株式会社)
  3. 一様吹出し制御による翼面摩擦抵抗低減効果の実験的定量評価
    江藤 薫子,近藤 佑亮,深潟 康二(慶應義塾大学),徳川 直子(宇宙航空研究開発機構)
  4. 受動吹出し制御による翼面摩擦抵抗低減の風洞実験
    廣川 詩歩,江藤 薫子,近藤 佑亮,深潟 康二(慶應義塾大学),徳川 直子(宇宙航空研究開発機構)
  5. 翼に渦が干渉する場合の翼周りの流れと発生する空力騒音に関する研究
    小林 典彰(東京大学)
  6. 遷音速多段軸流圧縮機における静翼列流れのLES解析
    齋藤 誠志朗(九州大学)
  7. WALEモデルを用いた円管内乱流のLESにおける格子解像度の影響
    岩佐 大器,難波江 佑介,深潟 康二(慶應義塾大学)
  8. 流れの夢コンテストに参加して
    寺田 智美(北海道大学)  
  9. 水面制御装置を用いたゴミの分別
    本間 俊貴(明星大学)

 

巻頭言

日本機械学会第96期流体工学部門講演会が2018年11月29日(木)、30日(金)の2日間にわたり北海道室蘭市の蓬崍殿にて開催されました。旭山動物園園長の坂東元氏による基調講演、インターステラテクノロジズ株式会社代表取締役社長の稲川貴大氏による特別講演、15件のオーガナイズドセッションと一般セッションが開催されました。新しい試みとして講演全てがポスター発表形式になりました。また、初日の11月29日には流れの夢コンテストが開催され、今回のテーマ「流れのアクティブ制御」に沿って10チームの創意工夫が発揮された発表・作品が展示されました。発表では立ち見が出るほどの熱気で大変盛会となりました。

今回の特集は流体工学部門講演会とし、特別講演および日本機械学会若手優秀講演フェロー賞、流体工学部門優秀講演者賞を受賞された講演者の方に話題提供をして頂きました。また、流れの夢コンテストでは最優秀賞、一樹賞を受賞したチームから、コンテストに向けての構想や取り組み方について解説して頂きました。本特集を通じて、流体工学部門の活動を多くの方々に広く知って頂き、更なる部門活動の研究交流及び活発化の一助になれば幸いです。

末筆ではございますが、ご多忙中にも関わらず、特集テーマについて話題をご提供頂きました執筆者の先生方に厚く御礼申し上げます。

3月号担当
橋本時忠(佐賀大学)
松田昇一(琉球大学)
朴 炫珍(北海道大学)

 

更新日:2019.3.20