活動内容

Home > 活動内容 > 活動報告 > 2004年度報告記事一覧 > 講習会「空力騒音〜予測と低減〜」の実施報告

講習会「空力騒音〜予測と低減〜」の実施報告

日立製作所 海保真行

 2005年1月13日(木),14日(金)の2日間にわたり,東京都台東区民会館8階第5会議室にて,講習会「空力騒音〜予測と低減〜」(http://www.jsme.or.jp/fed/meetings/seminars/2004/04-106.html)が開催されました.
受講者は51名(会員:36名,会員外:9名,学生:6名)で,プログラムは以下の通りです.

   1日目(1月13日(木)):

9:30〜11:00
  空力騒音の物理 飯田明由(工学院大学)
11:00〜12:00
  空力騒音の測定 飯田明由(工学院大学)
13:00〜14:30
  空力騒音予測の最前線 加藤千幸(東京大学)
14:45〜16:45
  空力騒音の予測 −市販ソフトの事例−
STAR-CD/SYSNOISEを用いた解析手法
MSC.Actran,ACTRAN/TM,ACTRAN/LA解析事例

RADIOSSの解析事例

島田正仁((株)シーディー・アダプコ・ジャパン)
齊藤正毅(エムエスシーソフトウェア(株))
児玉勇司((株)計算力学研究センター)
田井秀人(メカログジャパン(株))
16:50〜17:30
  市販ソフトデモ展示

   2日目(1月14日(金)):

9:40〜10:40
  ISVRにおける空力騒音関連研究 杉本理恵(サウサンプトン大学)
10:40〜11:40
  空調設備における空力騒音低減事例 丸田芳幸((株)荏原総合研究所)
13:00〜14:00
  大形軸流ファンにおける空力騒音低減事例 高津 恭((株)日立インダストリイズ)
14:00〜15:00
  自動車における空力騒音低減事例 若松純一(日産自動車(株))
15:15〜16:15
  新幹線における空力騒音低減事例 栗田 健(東日本旅客鉄道(株))
16:15〜17:15
  航空機における空力騒音低減事例 中村良也(石川島播磨重工業(株))

写真1: 講義風景

 1日目前半は,空力騒音の基礎的な事項やその測定について,工学院大学の飯田先生に講義をして頂きました.空力騒音の物理から先端的な測定技術にいたるまで,わかりやすく解説して頂き,受講者にも大変好評でした.1日目後半は,空力騒音の予測技術に関して,東京大学の加藤先生,及び,空力騒音関連の市販ソフトベンダーの方々に講義をして頂きました.過去から現在にいたるまで,どういう予測が可能になってきたか,また,現状ではどういうことができないかなどについて,非常に多くの事例をもとに,ビジュアルに解説して頂き,受講者からも様々な質問が飛び交い,非常に有意義な講義だったと感じます.

 写真2: 受講風景

 2日目は,空力騒音の低減が課題となる製品を扱っている様々な企業・研究機関の方々から,主に製品開発における空力騒音の低減事例ということで,講義をして頂きました.CFDの活用方法から製品特有の騒音低減ノウハウ的なものまで,製品開発現場における生々しい話を聞くことができ,受講者にとって非常に役立ちそうな内容が多く含まれていました.また,2日間を通して,市販ソフトベンダーの方々には,ソフトのデモ展示を会場の一画にて実施して頂きました. 最終日の講義終了後に回収したアンケート結果(40名分回収)は以下の通りです.

参加者ご自身について
  企業の研究開発: 25名, 企業の設計業務: 9名, 企業の営業業務その他: 2名,
国公立研究機関: 1名, 大学の教官: 2名, 学生: 5名
参加の動機
  機械学会誌の会告原稿: 20名, 機械学会のWebページ: 4名,上司・先生・知人の紹介: 12名, 
メーリングリスト: 4名
参加のきっかけ
  機械学会誌の会告原稿: 17名,機械学会のWebページ:12名,
上司,先生,知人の紹介: 14名,メーリングリスト:13名,その他:1名
参加費用について
  高い: 1名, やや高い: 15名, 妥当: 22名, 多少安い: 1名, 安い: 1名
使用テキスト
  良い: 1名, 概ね良い: 12名, 普通: 20名, 若干悪い: 7名, 悪い: 0名
理解度
  かなり理解した: 3名, 概ね理解した: 31名, あまり理解できなかった: 4名,
ほとんど理解できなかった: 1名
満足度
  非常に満足: 6名, 概ね満足: 29名, 普通: 3名, 多少不満: 2名, 不満: 0名
その他
  講義がテキストと一致していない,初心者向けでない,など様々なご意見を頂きました.今後の講習会企画に反映させたいと思います.

 マイクのトラブルなど会場の問題や,上記のその他の意見のためか,若干,参加費用が高いというご意見が多かったですが,それ以外は大変好評の結果だったと思います.なお,学会担当者の方からの情報ですと,参加できずテキストのみ買われた方が多く,テキスト作成を追加発注したとのことです.空力騒音に対する関心の高さを感じている次第です.最後に,本講習会に参加してくださった受講者の方々,また,お忙しい中講義を引き受けてくださった講師の方々,ソフトデモ展示をしてくださったソフトベンダーの方々に,厚く御礼申し上げます.

更新日:2005.2.1