活動内容

Home > 活動内容 > 活動報告 > 2005年度報告記事一覧 > “International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows“

“International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows“

“ 噴流,後流及びはく離流れに関する国際会議“

報告者:社河内 敏彦(三重大学)

Oct. 5(Wed)- 8(Sat), 2005, Toba Hotel International, Mie, Japan
http://www.ees.mach.mie-u.ac.jp/ICJWSF/

Chairperson : Prof. T.Shakouchi ( Mie Univ. , Japan )
Co-chairperson : Prof. F.Durst ( Erlangen Univ. , Germany )
Co-chairperson : Prof. K.Toyoda (Hokkaido Institute of Technology , Japan )

主催:
   日本機械学会(流体工学部門)

共催:
   三重大学,三重県,日本流体力学会,日本航空宇宙学会,日本混相流学会,
   日本可視化情報学会,日本ウオータージェット学会


ICJWSF 会議参加者集合写真

開催の経緯:
本国際会議は,
* 日本機械学会流体工学部門の研究分科会, P-SCD339,
   “噴流現象の基礎と先端的応用に関する研究分科会”  2002/9 〜 2005/8
   主査:社河内 敏彦,
* The 3 rd ASME/JSME Joint Fluids Engineering Conference (San Francisco, 1999) での
   “Symposium on Flow Control of Wall-Bounded and Free Shear Flows”
   Organizes: T.Shakouchi and L.D.Kral ,
* The 4 th ASME/JSME Fluids Engineering Conference (Honolulu, 2003) での
   “Symposium on Free and Wall Bounded Shear Flows and Their Control”
   Organizers: T.Sahkouchi and G.Papadopoulos ,
   “Forum on Fluidics”
   Organizers: S.Raghu and T.Shakouchi ,
及び,
* 日本機械学会の種々の講演会で主催してきた“噴流に関する OS や Forum ”, などの成果を基に企画された.

会議開催結果:
論文:
招待(論文)講演:
  下記の7編を,招待(論文)講演, Keynote Lecture とした.

  1. Measurements of Fine Scale Turbulence Properties in Wake Flows
    Prof. F.Durst ( Erlangen Univ. , Germany )
  2. On Active Control of Separation from Bluff Bodies
    Prof. I.Wygnanski ( Univ. of Arizona , USA )
  3. A Perspective on Combining RANS and LES for Computing Complex Flows and Heat Transfer
    Prfo. K.Hanjalic ( Delft Univ. of Technology , Netherlands )
  4. Aeroacoustic of Turbulent Jets: Flow Structure, Noise Sources, and Control
    Prof. E.Gutmark ( Univ. of Cincinnati , USA )
  5. Toward Smart Control of Turbulent Jet Mixing and Combustion
    Porf. N.Kasagi ( Univ. of Tokyo , Japan )
  6. Research Works on Jets in Japan
    Prof. K.Toyoda (Hokkaido Institute of Technology , Japan )
  7. Recent Progress on Monotone Integrated Large Eddy Simulation of free Jets
    Dr. F.Grinstein (Los Alamos National Lab. , USA )

応募(一般)論文:

応募された全ての draft, full paper (6 pages) に対し,2名の reviewer による査読をおこないその結果,117編の論文を採択した.

Proceedings:

7編の招待講演論文と,117編の採択論文,合計124編の論文を, Proceedings ( 三重大学出版会 , ISBN-944068-75-1, hard cover, 820 ページ ), 及び CD-ROM に掲載した.

参加国:

 以下の,17カ国の参加があった.

ヨーロッパ:イギリス,オランダ,ドイツ,フランス,イタリア,ギリシャ,ロシア
アジア : パキスタン,シンガポール,マレイシア,オーストラリア,中国,台湾,韓国,
アメリカ: アメリカ,カナダ
日本

参加者:

 参加者の総計は,約 200 名である.

論文発表:

 招待講演は40分,一般講演は20分での口頭発表が,4室を使用して 10月5日〜7日の3日間で実施された.

Banquet, Excursion:

10月5日(水)夜に Banquet を8日(土)に Excursion (伊勢・志摩,見物)を開催し,それぞれ約140名,30名の参加者を得た.

次回,第2回会議について:

 本国際会議は,初めて開催されたが次回,第2回が,
“ The 2 nd International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows “
として,3年後の 2008 年にベルリンで開催されることになった.
Chairperson は, Prof. C.O.Paschereit (TU Berlin, Germany) で, Co-chairperson の一人は, Prof.T.Shakouchi (Mie Univ., Japan) ,もう一人の Co-chairperson は未定である.

その他:

 本国際会議の成果は,既に前述の Proceedings, 及び CD-ROM で纏められているが,さらに,
* JSME International Journal, 2006 年 11 月号の
Special issue: “ Jets, Wakes and Separated Flows ”
* 日本機械学会誌, 2007 年 2 月号の
小特集「噴流現象の基礎研究と最新応用技術」
として,公表される.

まとめ:

 本国際会議は,噴流,後流及びはく離流れに関する研究について,長年にわたる 日本機械学会での関連する研究分科会,シンポジウム,フォーラム,などでの活動成果,結果を基に開催され,国の内外から多くの優れた研究者が集まり,基礎的,応用的な話題が精力的に議論された.
  会論文発表につき最後まで活発な議論がなされるとともに,比較的コンパクトな会議でもあったので,参加者同士の情報交換,コミュニケーションも大いになされた.
  また,多くの若い研究者の参加があった.
  さらに,第2回の会議が予定されるなどこの研究分野の将来の発展が大いに期待される結果となった.

以上

 

Toba Hotel International
Conference place:
Toba Hotel International

Opening Greetings
Chairperson: Prof. T.Shakouchi ( Mie Univ. )
Head of FED of JSME: Dr. R.Himeno
Invited lectures:
Co-Chairperson: Prof.F.Durst ( Erlangen Univ. ) Co-Chairperson:
Prof. K.Toyoda (Hokkaido Inst. Of Tech.)
   
Invited lecture:
Prof. I.Wygnanski ( Univ. of Arizona )
Invited lecture:
Prfo. K.Hanjalic ( Delft Univ. of Tech.)
Invited lecture:
Porf. N.Kasagi ( Univ. of Tokyo )
Invited lecture:
Prof. E.Gutmark ( Univ. of Cincinnati )
Invited lecture:
Dr. F.Grinstein ( Los Alamos National Lab.)
 
   
Sight view from the Conference place
   
General Presentations:
   
   
   
   
at the Conference
   
Banquet  
   
   
 
   
Excursion: Ise-Shima  
   
Secretary, Staff  
 
更新日:2006.9.18