活動内容

Home > 活動内容 > 活動報告 > 2005年度報告記事一覧 > No.05-82 講習会「手軽にできる立体視の産業応用から最先端の活用まで」実施報告

No. 05-82 講習会「手軽にできる立体視の産業応用から最先端の活用まで」実施報告

東洋大学 望月 修

 2005年 9 月 26 日(月)に工学院大学新宿校舎11階第5会議室にて「手軽にできる立体視の産業応用から最先端の活用まで」 講習会が開催されました.機械学会2005年度年次大会(9月19日〜22日)の直後にも関わらず 47名もの受講者が集まり,立体視への関心の高さを再認識しました.

■開催趣旨

 ここ数年、さまざまな立体表示装置が商品化され、立体視を安価に、手軽に利用することが可能になってきました。一方、立体情報を得る機器としては、古くから存在するステレオカメラ、実体顕微鏡や走査電子顕微鏡、レーザー共焦点顕微鏡、X線CT、MRIなどに加え、原子間力顕微鏡、透過電子顕微鏡トモグラフィなどの技術も発達、普及しつつあります。さらにコンピュータ・グラフィクスやシミュレーション結果の可視化をも含めて、立体視利用は、さまざまな分野の業務、研究、教育、コミュニケーションにおいて、急速にその重要性が認識されるようになりました。本セミナーでは、会場に立体視表示装置を用意し、多くの実例を立体視で体験して頂いた上で、インターネット利用も含め、最先端の実践的活用法を習得して頂きます。

■題目・講師

午前:9:30〜12:00

9:30〜 受付
9:45〜 開催の挨拶
東洋大学工学部機能ロボティクス学科 望月 修 氏
10:00〜11:00 生体シミュレーションにおける立体可視化の意義
東京大学大学院新領域創成科学研究科 岡田純一 氏
11:00〜12:00 流体分野における3次元可視化の基礎」
東洋大学工学部コンピュテーショナル工学科田村善昭 氏

午後:13:00〜17:00

13:00〜14:00 マイクロフォーカスX線CTとボリュームデータ立体可視化の効果
株式会社島津製作所 開本亮 氏
14:00〜15:00 5000円でできる立体視システム構築法
(株)ケイジーティー宮地英生 氏
15:00〜16:00 焼却場炉内非接触計測における3次元レーザースキャナーの応用
三菱重工環境エンジニアリング株式会社 都市環境事業本部 野中 睦 氏
東芝プラントシステム株式会社 情報・制御システム営業部 岩田 章裕 氏
16:00〜17:00 簡単!本格的立体可視化とその共有・管理の実際
株式会社メタ・コーポレーション・ジャパン 高沖英二氏

■機器展示

丸紅ソリューション(株)
(株)ソリッドレイ研究所
西華産業(株)
(株)ディテクト
(株)ケイジーティー
(株)フィアラックス

午前中は生体シミュレーション結果,流体解析結果などの立体視の意義についてお話し頂き,活発な質疑応答が行われました.午後は実際に運用されている具体例,どの様にして立体視の装置を構築するかを実験・実習をまじえ紹介されました.


生体構造の立体視


5000円でできる立体視装置の実演


立体可視化とその共有・管理の実際

 機器展示で実際のものに触れられたこと,デモンストレーションでレーザー光による教室内の撮影などがあり,参加者には好評でした.また,講義室と展示を同時に行ったことは聴講者にも展示して頂いた企業にも好評でした.

 最後に,本講習会に参加して下さった受講者の方々,お忙しい中講演をお引き受け下さった講師の方々,機器展示にご協力下さった各社に厚く御礼申し上げます.また,工学院大学の飯田明由先生には企画から会場のお世話までご協力頂きました.御礼申し上げます.

 

更新日:2006.2.10