分科会・研究会

A-TS05-19 格子ボルツマン法の基礎と応用に関する研究分科会

研究会主査 里深 信行(滋賀県立大学)
     幹事 蔦原 道久(神戸大学) ,稲室隆二(京都大学)

平成17年度は2回研究会を開催した.以下の6件の研究発表があり,活発な討論があった.

第3回研究会

日時:平成17年6月10日(金)14:40〜18:00
場所:湯田中ビューホテル(長野県下高井郡山ノ内町)

話題提供3件
(1)森西晃嗣委員「ボルツマン方程式に基づくマイクロスケール流れのシミュレーション」
(2)人見尚様「コンクリート拡散解析と微細構造データによるマルチスケール解析の試み」
(3)片岡武委員「圧縮性 Euler および NS 方程式系に対するLBMモデル」

第4回研究会

日時:平成17年12月12日(月)14:30〜17:30
場所:宇宙航空研究開発機構総合技術研究本部(旧航研本所)

話題提供3件
(1)今村太郎委員「線形化格子ボルツマン法を用いた音波の伝搬解析」
(2)鈴木智博委員「空調機開発に活用している流体解析事例とLBMに期待すること」
(3)廣川雄一様「 LBM モデルの混和多成分流体への拡張」

報告者
神戸大学大学院自然科学研究科    蔦原道久

更新日:2006.10.6