分科会・研究会

P-SCD366 噴流,後流,およびはく離流れの基礎と先進的応用に関する研究分科会

主 査:酒井 康彦 (名古屋大学)
幹 事:関下 信正(豊橋技術科学大学)

報告事項:

 本分科会では,噴流,後流,はく離流れの基本的な特性および流れ場の構造を解明するとともに,その知見に基づいて製品開発に役立つ応用研究を目指して,当分野の研究の発展および産学官におよぶ流体工学研究者の情報交換を行うことを目的としている.現在,当該分科会のメンバーは68名であり,2011年度は次に示す研究分科会を4回実施した.その内容としては,円形シンセティックジェット,5角形ダクト噴流,正方配列衝突噴流,脈動噴流などの各種噴流の基礎的な研究から,PIVの活用法,アクチュエータによるはく離流れ制御,トライアスロン用自転車および自動車周りの流れ,自動車の空力騒音,羽ばたき運動する蝶の翅周りの渦構造,生体マイクロ流れ,高機能型マイクロ流体デバイス,医療のための生体流動シミュレーションなどの応用研究まで多岐にわたる研究課題について情報交換,および,今後の研究動向の発展を探った.

2011年度第1回研究分科会
日時:2011年6月17日(金) 14:30〜20:30, 6月18日(土) 9:00〜11:00
場所:九州工業大学情報工学部飯塚キャンパス (福岡県飯塚市)

2011年度第2回研究分科会
日時:2011年9月10日(土) 13:00〜19:30
場所:東京理科大学森戸記念館第一会議室 (東京都新宿区)

2011年度第3回研究分科会
日時:2011年11月18日(金) 13:00〜20:00
場所:豊橋技術科学大学D412室 (愛知県豊橋市)

2011年度第4回研究分科会
日時:2012年1月16日(月) 13:00〜20:30, 1月17日(火) 9:00〜12:00
場所:東洋大学熱海研修センター (静岡県熱海市)

更新日:2012.11.15