分科会・研究会

A-TS 05-19 格子ボルツマン法の基礎と応用に関する研究会

主 査: 稲室 隆二(京都大学)
幹 事: 須賀 一彦(大阪府立大学),吉野 正人(信州大学)

報告事項:

 2015年度は2回の研究会を開催した.以下の7件の研究発表があり,活発な討論があった.

第23回研究会
日時:2015年6月12日(金)13:30 〜 17:10
場所:福岡大学図書館多目的ホール
参加人数:25名
話題提供3件
(1)津田伸一 氏:「気泡の初生および崩壊過程の分子動力学解析」
(2)蒋 飛 氏 :「LBMによる大規模多孔質媒体内の流れ数値シミュレーション」
(3)新戸浩幸 氏:「コロイド・界面から生体ソフト界面への展開」

第24回研究会
日時:2015年12月11日(金)13:00 〜 17:40
場所:横浜国立大学教育文化ホール中集会室
参加人数:34名
話題提供4件
(1)矢地謙太郎氏:「LBMを利用したトポロジー最適化手法の開発とスカラー輸送を考慮した流路設計への展開」
(2)佐野吉彦 氏:「中空糸膜を介した物質移動の数理モデル〜人工透析から発電まで〜」
(3)池端昭夫 氏:「CIP有限体積法による衛生陶器固気液三相シミュレーション」
(4)田川俊夫 氏:「GPUを用いた固気液混相流の数値計算と可視化」

更新日:2016.5.26