流れの読み物

Home > 流れの読み物 > 楽しい流れの実験教室 > 川の水深と流れの速さ1

川の水深と流れの速さ1

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

 

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • 川の深さによって流れの速さはどのように変わるのでしょうか? 実験で確かめてみましょう。
  • 川の流れの実験装置の直進部分の一部に浅瀬を作りました。動画のグレーの部分が浅瀬(水深2mmくらい)、黒い部分が深い部分(水深12mmくらい)です。
  • 流れの中に細かな紙切れを浮かべると、浅瀬で流れが遅くなっていることがわかります。川の底付近では川底と水との間で粘性摩擦がはたらき、流れにブレーキをかけます。浅瀬ではこの影響を強く受けて、流れが遅くなるのです。一方、深い所では、川底付近を除けば粘性摩擦の影響はあまり強くなく、あまり減速されません。
  • 粘性摩擦の影響で浅瀬の流れが遅くなるというこの現象は、浅瀬の水深が非常に小さい場合にみられます。ある程度の深さがあれば、このような減速はあまり顕著とはなりません。
【キーワード】 水深と速さの関係、粘性摩擦
【関連項目】

水と水あめ2川の水深と流れの速さ2

【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P16-21.

◀ 前の実験へ 次の実験へ ▶

更新日:2019.6.1