ニューズレター

流れ 2007年8月号 目次

― 流体と騒音:汎用ソフトウェア特集 ―

  1. ANSYS社が提供する最新FSIテクノロジー
    一宅 透(アンシス)
  2. CD-adapcoの最新CFD技術のご紹介
    〜“次世代”汎用熱流体解析プログラムSTAR-CCM+〜
    中嶋 達也(シーディー・アダプコ・ジャパン)
  3. オープンソースCFD:OpenFOAMの紹介
    田中 太(福井大学工学部)
  4. 文科省IT基盤構築のための研究開発「革新的シミュレーションソフトウェアの研究開発」
    − マルチフィジックス流体シミュレーション・システムFrontFlow −
    大島 伸行(北海道大学大学院 工学研究科)
  5. 流体騒音解析ソフトウェアCAA++ 〜非線形音響ソルバによる流体騒音の数値予測〜
    毛利 昌康(ディライト)
  6. 編集後記
       池田 浩(東芝)、岩佐 能孝(IHI)、岡 新一(C&I)

 

ニューズレター8月号編集後記

  8月号の特集テーマは「流体と騒音:汎用ソフトウェア」を取り上げました。近年、計算機性能が急速に発展し、数値解析技術をもの作りや物理現象の解明に用いる機会が増加し、工学的な設計ツールとしても多分野で適用されつつあります。その対象も混相流、非定常乱流、流体構造連成、流体騒音などより複雑な問題へと広がり、数値解析技術の需要が益々多様化しています。それにともない様々な汎用ソフトウエアが開発され、最新の解析技術が導入されてきています。そこで、今回はその中で流体と騒音に関わるいくつかの汎用ソフトウエアの最新解析技術について寄稿して頂きました。流体や騒音を解析する際に少しでも参考になれば幸いです。

末筆ではございますが、ご多忙中にもかかわらず、特集テーマの記事をご執筆頂いた執筆者の方々には厚く御礼申し上げます。

 8月号担当
池田 浩(東芝)
岩佐 能孝(IHI)
岡 新一(C&I)

更新日:2007.8.31