活動内容

無回転シュート

まずは見てみよう!

Youtubeで動画を見る

どんな実験?

実験手順と種あかし

  • ボールを回転しないようにして発射させるとボールの背後に不規則にはく離渦が発生し、順に下流に流れるという現象が起こります。渦が発生・放出されるのに従って流体から力を受け、ボールの軌道が不規則に変化します。
  • 実験では毎回異なる変化が起こっています。いわゆる「ぶれだま」といわれる変化球です。
  • 野球のナックルボールやサッカーの無回転シュートはこの原理で、不規則な変化が起きます。
  • 打者やゴールキーパーははじめの変化を見てその変化の方向に体が反応します。ところが、その後、変化が止まったり、違う方向に変化を始めたりするので逆を突かれるのです。
  • なお、ボールが回転しているときははく離のしかたが安定し、一定の変化を続けます。

【キーワード】 はく離渦
【関連項目】 1円玉を水に沈める
【参考】 日本機械学会編「流れのふしぎ」講談社ブルーバックス、P174−179.
石綿良三「図解雑学流体力学」ナツメ社、P96−97 およびP198−199.
更新日:2011.4.1